FC2ブログ

ひとやすみしましょ。

ふわっと。そして淡々と。

ハラヴェン⑤4日目

2/1
ハラヴェン⑤回目投与
いつも通りだと夕方に37.5℃以上の発熱
この日は37℃

2/2
時々強めの倦怠感に見舞われるも、比較的機嫌よく過ごす
夕方37℃
食欲なし
三食食べたけど、量的には1/3程度
それでもお腹いっぱい
食後はしばらく胃痛で撃沈

2/3
食欲なし
昨日に引き続きな食事量
が、なんだか動けそう!
モッサちゃんと公園に行き、ホームセンターでカリカリを買い、スーパーで夕飯の買い出し
家に戻り洗濯
洗濯物を干してる最中、悪寒
38.7℃
夜には平熱

2/4
食欲なし
熱なし

************************

ハラヴェン⑤回目は、倦怠感も発熱も比較的落ち着いています。
発熱要注意期間(投与から1週間 オッケーの場合)は、動けそうでも注意が必要だと学習しましたw

この私から食欲が無くなるなんて、もービックリ!
正確に言うと、空腹を感じる時もあるの。
が、偏食&少量(1/3人前程度)。
今、際限なく食べられるのはいちご。
いちごならどんぶり一杯イケるかも(^。^)

具体的な数字はアレなので割愛いたしますが、約2ヶ月で1割減。
もともと蓄えはたっぷりなので、ぱっと見わかりにくいけどw
洋服がね、緩くなっちゃって。
春物買い替えなくっちゃねー(^ー^)

通院日 〜ハラヴェン、効いてきた!〜

ここのところ、微減はすれど高値安定だったマーカー値。
昨日は結構な下がりっぷりを見せてくれました。

毎度毎度、CEAは3桁、CA15-3は4桁。
それが昨日は、CEAは2桁、CA15-3は3桁!

イブランスからハラヴェンに移行時(2018/12/7)のマーカー値は、
CEA : 130.0 (基準値5以下)
CA15-3 : 2322.0 (基準値25以下)

昨日(2019/2/1)は、
CEA : 63.0
CA15-3 : 986.8

(๑˃̵ᴗ˂̵)ヨシッ!

緩和

在宅医療を受けるにあたり、面談をしてきました。

厳しい状態であることを再確認させられました。
センセ(主治医)は言葉を選び、なんならオブラードを二重にするタイプ。
在宅医療の先生は、事実をそのまま包み隠さずズバッと!なタイプ。

知っていたし、覚悟も出来ていましたよ。
だけど、あまりにもズバッとだったので、最後の最後に…(T ^ T)ウエーン
オットの前では泣きたくなかったのにー。

在宅医療を受けるのはまだ早いので(ですよねー)、緩和外来の受診を勧められました。
食べられなかったら点滴するから
痛み止めが必要になったら処方するから
動けなかったら在宅医療でカバーするから
と。

なんと心強い。
しかも緩和外来は家から30分以内で行ける距離。

厳しい事を再確認させられた日だけど、同時にチカラが湧いた日でもありました。


フィフティー

あれ?腕毛がない。
と言うことは…。
すね毛もなーい!
顔の産毛もなーい!!

(≧∀≦)イェス!

眉毛とまつ毛が少なくなり、これはムダ毛も減ってるに違いないと思って確認したら、ほとんど無くなっていました。
眉毛とまつ毛は抜けなくてもいいのにっ。

************************

今日は朝から発熱with悪寒。
そして。
始まりました、味覚障害。

ボーっとしながら茶碗蒸しを温めていたら、モニター越しに宅配便のお兄さんが「お荷物でーす♪」と。
慌てず騒がず数秒でウィッグを装着し、玄関開けてお出迎え。
届いた荷物は優しさがギッシリ。
また涙腺壊れたー。
ありがとう。

そんな今日、ワタクシ50歳になりました。
手紙読んで気がついたよ(泣笑)

熱と鼻血とタンパク質

ハラヴェンを投与するようになってから、現れた体の変化。
つまり副作用。
発熱
鼻血
味覚障害

この3つに意識の90%を割いています。
もはや家事は…(^◇^;)

【発熱】
投与当日夕方から、37℃〜38℃の発熱&悪寒
1週間程度はランダムで発熱
その後は判で押したように夕方
37.5℃を超えた時はナイキサン服用

【鼻血】
咳して鼻血
鼻かんで鼻血
トイレで力んで鼻血
寝てて鼻血
テレビ観て鼻血
お風呂に入って鼻血
ワセリン塗ってる時にカサブタ見つけてポリッとやってしまい鼻血
日に何度も鼻血
外出が怖い〜

【味覚障害】
最初の投与からエンドレス
程度の差あり
タンパク質不足の指摘
肉魚、無理やり食べるけど少量でギブ
納豆、以前は大好きだったのにマズくてギブ
豆腐、美味しいのなら食べるけどー
最終兵器としてゼリー飲料のプロテインを購入
…なんかヤダw
次の投与が近くなると、つまり投与12日目辺りになると、少しだけ味覚が正常になる。
食べたかったものを食べる♪
胃、ビックリ!
特大の胃痛、胸焼け(バカー)

何より突然の鼻血が一番の恐怖です。
明日は両鼻の穴に詰め物して行こうかしら。