ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。

いつまで?? 

最近よく考えるんだけど、今の私はガン患者なのかな?
ガンだった、っていつになったら言えるんだろう。

去年の夏、手術をしてガンは取っちゃった。

その後、ガンがお引越しの準備をしてたから、化学療法。
万が一切った部分に居残りしてるかもしれないから、放射線治療。
そして今、ホルモン療法。

化学療法中は、副作用との戦いがガンとの戦いのように感じていました。
放射線治療&ホルモン療法は思いっきり予防って感じ。

今は、多少ホルモン療法の副作用はあるけれど、食べ物はおいしいし~元気だし~、髪の毛がちょっとね~なのを除けばいたって健康体!
それでも私はガン患者なのかな?

少し前、歌手のカイリー・ミノーグさんが乳ガンを克服して何年かぶりに来日するというニュースが流れました。
闘病生活は2年だそうです。

どうなったら「克服した」って言えるんだろう。

私はガン真っ只中なの?
・・・違うなぁ。

克服したの?
・・・どうなんだろう。

何らかの治療をしている間は、克服したとは言えない様な気する。
だからと言って、「私は、今、ガンです」って言うのは違う。全然違う。

気の持ちようなのかな。
スポンサーサイト
[ 2008/07/28 09:08 ] キモチ | TB(0) | CM(6)
おはようございます♪
私も時々考えます。
「今の私は、ガン患者??」
TVとかで、ガン克服の文字を見ると
疑問に感じます。
あれはマスコミ用の言葉なのかな・・・
「克服」とか私達は軽々しく使えないよね!!
確かに「ガン真っ只中」でもないし、
でも「治ったよ」と言えないところが辛いですね(^^;)
[ 2008/07/29 06:42 ] [ 編集 ]
◇みやびさんへ◇
きっと事情を良く知らない人が見たら、今の私は「ガンを克服した人」に見えるんだと思います(^^)
ガンであった自分は過去の人だし、いろいろなことに気を使って生活してる今、以前より健康なのかもしれない。だからと言って「克服しました!」って軽々しく言えない・・・。
こんな疑問に付き合ってくれてありがとう(*^^*)
やーめた!!
こんなこと考えても仕方のないことですよね。
[ 2008/07/29 12:29 ] [ 編集 ]
私も・・・。
よく思います。
私も先日治療がひと段落着いた時、
「病人じゃないから、見舞いはお断りよ。」と言いながら、ひた隠しにしていた友人に
これまでの経過を報告しました。
だからといってこれからも治療は続く・・・。
ちょっともやもやしてました。
ホントに、考えても仕方ないですけどね。
みなさん、同じ疑問をかかえてるんですね。
[ 2008/07/29 13:26 ] [ 編集 ]
◇ぶるまぐさんへ◇
入院して手術するまでは病人、手術が終わったらケガ人(手術の傷が痛いだけだったので)という感覚でした。キズの痛みもまったくない今、さて私は何??と考え出したら止まらなくなっちゃって(^^;)
しょうもない疑問にお付き合いいただきありがとう~(^^)
[ 2008/07/29 18:43 ] [ 編集 ]
いっきゅうさん、こんにちは!
私もね、ホント、よく思います。
でもね、ずっとずっと付いてくるんでしょうね。
だけど、気にせず行くのが、心にも体にも一番いいんでしょうね。

この複雑な気持ちを共有できるのは、やっぱり仲間内だけってことなんでしょうね。

ちょっと溜息ですが、まあ、元気な時には元気に行こうさ。
それしかないよ!

[ 2008/07/30 14:31 ] [ 編集 ]
◇よつばさんへ◇
おはようございます。
この病気について知れば知るほど長い付き合いになるんだなぁと実感。付き合いが長くなるからと言って、落ち込んだりはしないけど、なんか心がモヤモヤしてしまって(^^;)
ホント、この微妙な気持ちをわかるのは経験者だけですよね。ブログをとして同じ気持ちを共有できること、とってもありがたいです。そんな出会いに感謝!
考えても答えが出ないことをいつまでもグチャグチャ考えるのは性に合わない!ってことで、この疑問はおしまい!!(^^)
[ 2008/07/31 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する