ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。

明日から「フェアストン40」

本日、放射線とホルモン療法の説明を兼ねて、半年振りに小人ちゃん先生の診察を受けてきました。
久しぶりに会う先生は、相変わらず和み系でした。

放射線は、このクリニックから10分くらい離れてる総合病院で行います。
GW明けの5/7に予約を入れてもらいました。

ホルモン療法は、早速明日の朝から「フェアストン40」というお薬を飲み始めます。
5年後の4/29まで。
注射(LH-RHアゴニスト製剤)は放射線が終わってからしましょう、と。

今、ネットで調べてわかったんだけど、「フェアストン40」って閉経後に使用する抗エストロゲン剤。
私の場合、化学療法中(タキソテール時)に生理は止まってます。
これって「閉経後」って事になるのかな?
化学療法が終わって生理が再開する可能性もあるって言われてるし、始まったらお薬が変わるのかな?
後々注射(LH-RHアゴニスト製剤)をするってことは、閉経前の扱いってことだよね?
注射で「閉経」状態を作るからやっぱり「閉経後」って事なのかな?

あー、事前にもっと勉強していけばよかった。反省。
来月の診察の時にはちゃんと聞かねば。


※※※※※※※※※※※※

この記事を読んで下さった方から、飲み始める前に確認したほうがいいよ~と、連絡を頂き、早速確認してみました。
ありがとうございました!

で、先生曰く
「フェアストンの説明書等には、閉経後に効果があるとされているが、学会の認識としては、閉経前、後のどちらでも効果はあるとしている。」

ネットで調べると、両方の見解があるようです。
化学療法もホルモン療法も日進月歩。
少し前は閉経後にしか効果がないというのが、一般的な認識だったのかな。

ともあれ、効果あり!ということが確認できたので、私のホルモン療法は明日から始まります。

スポンサーサイト
[ 2008/04/28 15:15 ] ホルモン療法 | TB(0) | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/04/28 16:01 ] [ 編集 ]
こんにちは
立ち寄りました(^^)のでカキコしました。

[ 2008/04/28 18:16 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
まごのての使い心地は、いかがでしょう??
そういえば最近、まごのて見なくなりましたねぇ。
前は一家に1つは、絶対ありましたよね?!

放射線とホルモン治療、いよいよですね。
ホルモンの薬もいろんな種類があって、人それぞれ
違うんですよね。
注射も違ってたりして、でもこんなことが分かるのも
ブログのおかげかな・・なんて思います。
何はともあれ、主治医と自分を信じて
お互い治療をがんばっていきましょうね(^^)
[ 2008/04/29 11:24 ] [ 編集 ]
みやびさんへ
まごのて、なかなか良い働きをしてますよ~
昔、おじーちゃんがよく使ってた記憶があります。
子供の頃は、このありがたさがまったくわからなかったな~。

ブログを始めていなかったら、みなさんとお知り合いになることもなく、なにかあっても1人でウジウジ悩むだけだったと思います。「こうしたほうがいいよ~」「私はこうだったよ~」と声をかけてもらうだけで元気になれちゃいます。根が単純なので・・・(笑)ホント、ありがたい。

誰ががんばるでもなく、自分ががんばるしかないんですもんね。うん、がんばれワタシ!
[ 2008/04/29 22:18 ] [ 編集 ]
こんにちは☆
少し、元気になりました。
コメントありがとうございました。
フェアストン40、という薬があるのですね。
私も抗がん剤治療の後、ホルモン療法が待っているので
、薬は気になります。
いろんな条件によって、さまざまな治療法や薬があるこの病気、人生で一番勉強してるかも・・・。
効果があるかどうかはもちろん、副作用とかも事前に知っておくとあわてないですしね。
安心して治療がうけられるのが、何より一番ですよね!!
[ 2008/05/02 17:04 ] [ 編集 ]
ぶるまぐさんへ
お返事遅くなってごめんなさい。
ちょっと回復してきたんですね。よかった~。
化学療法中は、こんなことの繰り返し。
折り返し地点を過ぎたことだし、ゴールは近い!

一言でホルモン療法と言っても、ホントいろいろあるんですよね。勉強しなければならないことが多すぎて知恵熱が出そうです(^^;)
[ 2008/05/05 13:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する