ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP手術 ≫ そして手術当日

そして手術当日

いよいよ本番当日。

さすがに朝は5時前には目が覚めてしまいました。

6時半頃、看護師さんが見たこともないような大きさの浣腸を手に、笑顔で「おはようございまーす。浣腸しますのでお手洗いに行きましょうか」

「さっき、下剤が効いて出たけど、浣腸しないとダメ?」
往生際の悪い私は、ちょっとだけ抵抗してみました。
結果は、ダメ(涙)

恥ずかしかったな・・・。

手術は9時からだったので、8時頃母、オット、義母が来てくれました。

8時半、Dr.B(執刀医)が点滴をしに来ました。
これが、ヘタクソなの(汗)
ブスッ刺して、「アレ?アレレ?」とか言いながら血管を捜すもんだから、痛くて痛くて。
結局そこはあきらめて、手首にすることに。

その後、ストレッチャーで手術室までGO!

手術室の前まで来てくれたみんなに、「じゃ、行ってくるね~」と手を振り、いよいよ戦場?へ(笑)


手術台に乗せられ、手術室の看護師さん、麻酔科のドクターに挨拶をし、Dr.Bの出番待ち。
麻酔科のドクターが、酸素マスクを口に当てて「ゆっくり呼吸してください」と。
「今から全身麻酔なのね。じゃ、ちょっと抵抗しちゃおう♪」
と思い、すごーくゆっくり呼吸しました(笑)

ところがどっこい、一呼吸し瞬きをした次の瞬間から意識がなくなりました。

「いっきゅうさん、終わりましたよ。」
何かは忘れちゃったけど、呼ばれる直前まで夢を見ていました。
ものすごく楽しい夢だったような気がします。

意識が戻って少しすると、とんでもない寒さが襲ってきました。
雪山に裸でいるような寒さ。(いたことないけど)
歯がガタガタ鳴ってうまく話ができません。

と、そんな時、Dr.Bが術側の腕をいきなり持ち上げました。
少しだけリンパを取っているので、脇の下から10cm下辺りにメスを入れてます。
その部分がうまく縫えてるか確認したかったらしいんだけど、それがメチャメチャ痛かった。

痛いから抵抗して腕を上がらないように力を入れる私→更に力を入れるDr.B→力を入れる私・・・
の繰り返しでした。
もうね、起き上がって文句を言ってやろうと思いましたよ。
まったく!!あー、痛かった。

何気なく腰の辺りを触ってみてビックリ。
私、パンツ履いてない・・・。
少しして、看護師さんが履かしてくれたけど、ちょっとショックだったな・・・。

後日説明を受けました。
事前の説明通り、温存術+センチネルリンパ節生検をしましたが・・・。
センチネルリンパ節生検の結果、リンパに転移の可能性があることが判明。
Dr.Bの説明では、腕に影響が出ない程度でリンパを郭清しましたと。

輸血はしなかったものの、400mlの出血があったそうです。


術後は自分のベットに戻りました。

それからが長かった。ホント、長かった。

同じ姿勢でいるもんだから腰が痛い。寝返り打ちたいよ~。
酸素マスクしてるから口の中がカラカラ。水が飲みたいよ~。
眠れないよ~。

人生で最も長い夜でした。

朝になり、看護師さんが氷を口の中に入れてくれた時は、彼女が神様に見えましたよ(笑)
そして尿管カテーテルを抜いてもらい、起き上がりトイレに行けた時は、痛くて時間がかかったけど、ホッしました。

あとは、回復するだけです(笑)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL