TOPワンコとニャンコ ≫ 白い箱

白い箱

今日の午前中、モサモサを連れて近所のペットショップに行った時のこと。
そのペットショップは動物病院を併設しています。

レジで支払いをしている時、小さな白い箱を抱えた女性が階段を下りてきました。
とっても大切そうに抱え、ゆっくりゆっくり階段を下りて来ました。
まるで中に入っているソレを起こさないように気遣っているような歩き方。

彼女も付き添いの女性も目を真っ赤に腫らしていました。

白い箱の中には、大切な家族が眠っているんだと思います。

今まで、何度となくこんな別れは経験してきました。
何度経験しても慣れない別れ。

モサモサとも、いつかは別れの日が来ます。
絶対に来ます。

だから、その日が来ても後悔しないよう、こゆ~い時間を共有しようね、リン。

スポンサーサイト

Comment

編集
私も二年半前に、動物病院で大切な箱を受け取り…
目をパンパンに腫らしました。
初めて飼った愛猫が6歳でいってしまったのです。
娘が生まれる二週間前でした…。
24時間一緒だった愛猫…動物霊園で最後の別れの時、何度も「ありがとう…」と言いました…。
まだ身内に不幸もなく、初めて飼った愛猫で、こゆい時間を過ごそうなんて意識もなく、後悔だらけです。
当たり前のように、平均寿命まで生きるものだと思い込み…
そして私も、いつか死ぬのはわかっているけど、お婆さんになって死ぬもんだと思い込み…。
かといって、いつ死ぬかわからないと思いながら生活するのも身体に毒で…。

それと、オッケーさんのブログの愛読者の皆様へ…
ご挨拶が遅れましたが、私はここ数日、コメントに登場させてもらっている、ちーちゃんママです。
名古屋市在住の29歳で、現在乳癌ホルモン療法中です。どうぞヨロシクお願いします
m(._.)m
PSモサモサはシェルティーですか?
2009年02月24日(Tue) 23:19
◇ちーちゃんママさんへ◇
編集
ネコちゃん、6歳は早かったね。
でも、最後に「ありがとう」って言ってくれる家族がいてくれて幸せだったんじゃないかな。

そばにいるのが当たり前で、あと10年くらいは一緒にいられて当然!って思ってた。
白い箱を見て、改めて別れを考えちゃった。
リンだって私だっていつどうなるかわからない。
その日を考えてビクビクするんじゃなく、与えられた時間を精一杯大切に使おうって。
お別れの時、「ありがとう!またね!」って笑顔で言えるようにいようって。
ヤバイ、泣けてきた(笑)
うん、モサモサはシェルティーだよ(^^)

皆様、ちーちゃんママさんをよろしくね☆
2009年02月25日(Wed) 13:07
編集
白い箱辛いね(;_;)
私も今まで3匹のニャンコとお別れしたんだけど、思い出すだけで涙が…。
今家に居るニャンコもお年になってきたので、ちょっとした体調変化を見逃さないようにしてます。

どうかワンコもニャンコも私達も、皆長生き出来ますように☆

ところで、‘ちくわ部’私も入部希望です(^_^)v

ちーちゃんママさん♪
はじめまして☆アココと申します!ホルモン治療中です~。
ちーちゃんママさん地方には‘ちくわぶ’が無いんですね~(^^;)
これからもよろしくお願いします♪♪
2009年02月25日(Wed) 18:25
◇アココさんへ◇
編集
そっか、アココちゃんもお別れを経験してるんだね。
今一緒にいるニャンコとの時間、大切にしたいね。
私も、実家に5月で14歳になるゴールデンがいるんだけど、毎年夏を越せるかが心配で。

ちくわ部、入部希望いただきました~!!
と言うことで、アココちゃん副部長ね(笑)
後ね、ゼタさんを誘おうと思ってるの(^^)

ちーちゃんママ、かわいいんだよ~(^^)
2009年02月25日(Wed) 19:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL