FC2ブログ

ひとやすみしましょ。

ふわっと。そして淡々と。
TOP転移後の治療 ≫ 通院日(5/29)備忘録

通院日(5/29)備忘録

今日から6月ですね。
間も無く梅雨入りかな🐌

備忘録、長文になっちゃったので畳みます。
あ、洗濯物畳まなくちゃ💨



5/29(金)はアバアブ⑨の予定で通院。

ソーシャルワーカーさんに促され診察室へ。
(いつもはセンセに呼ばれるのに…。はて?)

道中、前回の点滴の後から体調不良が続いてるし、今日は点滴できないかもなぁ、と。

そこに来てソーシャルワーカーさん同席。
(できないどころの騒ぎじゃないのかしら?)

血液検査の結果、
マーカー値、下げ止まり&微増。
総ビリルビン、2.5。
(あら、抗癌剤できない数値だわ)

今は何とか押さえられているけど、アバアブに耐性が付いてきた。
今後、増悪を抑えきれなくなる可能性大。
今までは多少無理して頑張って治療してきたけど、今後、QOLを下げてまで治療をする事がいいのかどうか…。
もちろんまだ使える薬はある。
ただ今の治療(アバアブ)以上の効果は期待できない。
と、いつになく真顔で話すセンセ。

そんなお話の後、ここ2週間の体調(お腹の張り、脚の浮腫)について報告。
その瞬間、センセは考えているより状況が悪いと思われた模様。

浮腫について。
肝転移の悪化8割、抗癌剤による肝臓の疲弊2割、と考えられる。

お腹の張りについて。
抗癌剤の影響で腸の動きが悪くなる事がある。
腹膜播種からの癌性腹膜炎の可能性もある。

3月末のCT検査ではほぼ現状維持だったけど、そこから急に悪くなったのか?と質問。
ほぼ現状維持ではあるけど、進行はしている。
その時は腹膜播種は確認できなかったけど、画像診断で確認するのは難しい。
※腹水は確認されなくても(在宅先生のエコー検査で確認済み)、お腹の張りがあるのなら腹膜播種からの腹膜炎の可能性は否定できない、みたいなご意見でした。

私の直感。
肝転移は多少進んでいるかも知れないけど、浮腫は肝臓の疲弊。
お腹の張りは抗癌剤の影響で、例え腹膜播種があろうと影響が出る程ではない。
(今のところ痛みや嘔吐なし)
今すべき事は抗癌剤をお休みし、肝臓を始めカラダを休ませる事。

現在はっきりしている事は、
・アバアブに耐性が付きつつある
・カラダが疲弊している
・お腹の張りと浮腫がある

センセのおっしゃるように、今後QOLを第一に考えていくこと事は賛成。
だけど、それは無治療という意味じゃない。
少しでも可能性があるなら治療をしたいと思っています。

**********************

センセはワタシの病気と付き合って5年。
ワタシはこのカラダと付き合って51年。

癌についてセンセはプロだし、全面的に信頼しています。
癌は私の一部。
センセの見解を踏まえて、生き方を決めるのは私。

肝臓、とっても頑張ってる。
何も言わずに頑張ってきた。
ここに来て、ヘルプコール。
ちょっと休ませて〜って。

カラダの声を聞こう。
聞くことができるのは私だけ🙂

【6/1現在】
お腹の張り:少し改善
脚の浮腫:少し改善(利尿剤、弾性ストッキング使用)
体重:4キロ増→0.5キロ減


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL