FC2ブログ

ひとやすみしましょ。

ふわっと。そして淡々と。
TOP転移後の治療 ≫ 通院日 〜アバタキ1-3〜

通院日 〜アバタキ1-3〜

公共機関のトラブルで、昨日の通院はなかなかハードでした。
病院到着時、残っていた体力は1割(@_@)

センセ、今後の治療スケジュール言ってたけど…何て?
看護師さんと爆笑したけど…話題は何だったっけ?
頭働かな過ぎ( ̄▽ ̄;)

点滴中(この日は2時間ちょい)、熟睡し帰りの体力を確保。

アバタキの後は、ちょっとフラフラし足元がおぼつかなくなります。
(注:私の場合)
前々回点滴後に転んだのは、私自身その事に気付いていなかったから。

点滴終わりに
立ち上がった時に
歩こうとした時に
必ず看護師さんが飛んできて、声をかけてくださいます。
ありがとう ( ´∀`)
手のかかる患者ですみません。

杖をついたおじーちゃんに抜かされるスピードでの帰宅。
1人じゃなく3人も。
安全第一 (^ー^)

***********************

先日、実家の母に病状を話す事ができました。

病状が進んでしまい治療が変わったこと。
それはある程度想定内なこと。
緩和外来を定期的に受診していること。
在宅医療の面接を済ませていること。
その経緯も。
さすがにホスピスの面接を済ませてることまでは言えなかった…。

多発転移とかリンパ管症のワードは避けました。
何故なら母は確実にググるから。

「悪くなったってどれくらい?」
「自覚症状はないからさ、あまり詳しく聞いてないの(ウソ)」
「サイズはSMLだとどれ?」
「ミカンじゃないんだからさーw」
2人で爆笑。

「在宅医療の面談は病院に行けないくらい体調が悪くなった時の為の保険ね。備えあれば憂いなし!」
「20年後にお世話になるかもねw」
そーきたかw。

母の明るさに助けられました。
ありがとう。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL