ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP髪の毛 ≫ 抗がん剤からのヘアレスキュー

抗がん剤からのヘアレスキュー

私の場合、ガンの告知よりも化学療法をしなければならないと聞かされたときの方がショックははるかに大きかったです。
痛みや吐き気は頑張って耐えるから、お願いだから脱毛は勘弁して・・・。
そんな気持ちでした。

今まさに髪の毛が伸び始めたけど、どうしたらいいの~!
だけど以前お世話になっていた美容院の敷居は高すぎて(^^;)
化学療法をされた方なら誰でも抱える悩みだと思います。

それに化学療法を始める時、カツラの手配は?メンテナンスは?自毛はどうすればいいの?そんな悩みも生まれます。

そんな時、化学療法を経験された美容師さんに相談できたら、不安な気持ちはかなり軽減されると思います。

そんな美容師さんの全国マップがこれ!

レスキュー
抗がん剤からのHair Rescue

現在、登録していただける美容師さんも募集中~!

※上のバナーをポチっとしてもサイトには飛びません。
  下の文字をポチっとしてくださいね。
  横のリンクの一番上にもありますよ(^^)
 
スポンサーサイト

Comment

編集
とても素敵な企画ですね。

私は普段行きつけの近所の美容室でずっとお世話になってきてます。
そこのオーナーは、身近にガン患者はおられなかったのですが、人柄の良さから、私が何も言わなくても、私が予約を入れた時間は他のお客様を取らなかったり、さりげなく自然に表側のカーテンを閉めて下さったり、一緒に泣いて下さったりと、とても寄り添ってくださる方です。
登録を促してみてもいいですか?
趣旨に反しますか?

あと、私は告知を受けて化学療法が決まってすぐにアートメイクをしました。
おかげさまで入院中も療養中も随分と前向きに過ごせました。
私がお世話になったサロンは、口コミでガン患者が集まってきていて、先生もとても勉強されておられ、寄り添って考えて下さる方です。
また、アートメイクを保険が効くようにして、療養中の人たちがもっと明るく前向きに過ごせるようにしたいと署名運動などもされています。
是非紹介させていただきたく
勝手にアドレスを載せます。
http://www.chaja.jp/index.html

長々と失礼しました。
2008年11月12日(Wed) 09:45
編集
素敵な企画e-266

かつら等のパンフレットは病院で用意してくれてるけど、美容院の紹介まではしてくれてませんよね。

私が美容院に行けるのはまだまだ先の話だけど、今から美容院の広告等見ては、どんな髪形にしようかとプラン練ってます。それも何パターンもねv-290

今のツルchan経験しちゃうと、今まで経験した事無い髪型でもOKてっ!変な自信がついてしまうのは私だけかしら?e-254

2008年11月12日(Wed) 10:33
編集
追伸
アートメイクのHPをご覧の際はぜひ「医療への想い」というところをご覧になってください。
2008年11月12日(Wed) 15:54
おはようございます♪
編集
ホント、髪の悩みはつきませんね・・・
私も美容院探しには苦労しました。
今まで通ってたところなんて、絶対に行きたくなかったし(笑
結局、普通の(?)美容院に行きましたが
こんな時、抗がん剤経験者の美容師さんがいてくれたら
こんなに心強いことはないですよね。
もっともっとこの輪が広まってくれるといいね(^^)
2008年11月13日(Thu) 07:48
◇ぷっちょさんへ◇
編集
コメントありがとうございます(^^)
近くにそんなステキな美容師さんがいてくれてよかったですね。

いろいろ探すと抗がん剤治療後の患者さんに優しい手を差し伸べてくださる企業や人達はたくさんいらっしゃいます。
そんな中、今回のこの活動は、「抗がん剤経験者にしかわからないこと。特に経験した美容師さんだからこそわかること。」このことを一番のテーマにされているそうです。
「既存の集団にはなかったものを作りたい」そんな思いで始められた活動。
ですので、今回のぷっちょさんのご提案は、大変申し訳ないのですが活動の趣旨と少し違ってしまうようです。

私のカツラは医療用で、美容院で扱っています。
抗がん剤前のカットや、カツラのメンテナンスはその美容院でやってもらいました。
とても気を使ってくださり(そういう教育がされているんだと思います)、ありがたかったのですが、なにか少しだけ?って思うことがありました。
これは私の感じ方なので、美容院の問題ではないのですが・・・。
抗がん剤を経験していないスタッフの方に中途半端に伸びた髪の毛を見せるのはイヤだったし、髪の毛は元に戻ると言われても、その言葉には哀れみが含まれているように感じられたんです。
一生懸命想像して、一生懸命わかろうとしてくださってるんだけど、どうしてもこちら側で壁を作ってしまう。
そんな時、今回の発案者である詩乃さんの所にたどり着き、涙が出るくらいホッとしました。
心から安心してお任せできる場所が見つかった、と。

今回の活動の趣旨とは違ってしまうけど、ぷっちょさんの紹介してくれた方々を必要としている患者さんは絶対にいると思います。
一緒に治療していたお友達でアートメイクをされていた方がいました。
とってもいいのよ♪とおっしゃってました。

今回は、せっかくご提案いただいたのにごめんなさい。
どうか活動の趣旨をご理解くださいね。

コメント、とってもありがたいです。
これからもよろしくお願いします(^^)



2008年11月13日(Thu) 10:28
◇子豚さんへ◇
編集
そうだね、病院ではカツラの紹介しかしてないね。
先生も、「抜けちゃからカツラの用意をしたほうがいいですよ」って言うだけだったし。
当事者としてみたら、何をどうすればいいのか事細かく知りたいのに(涙)
どこの病院も、抜けてしまった後のことに関してはあまりフォローがないような気がするよ。

0を経験すると、以前ではありえない長さでも「OKかも?」って思えちゃうよね。
私も世間的にOKならデビューしちゃおうかな~って何度か思ったよ(笑)

2008年11月13日(Thu) 10:35
◇みやびさんへ◇
編集
そうそう、確かに以前通っていた美容院には、元に戻るまで行きたくないですね。
私の場合、ちょっと特殊な事情があって、お世話になっていた美容師さんは事情を知ってるんだけど・・・。
それでも行きたくないって思います。
多分、デビューをその美容院でお願いしたとしても快くやってくれるとは思うけど、やっぱり躊躇しちゃう。
哀れみや好奇の目を必要以上に受け止めてしまう自分を想像できます(^^;)
ガンを告知され、抗がん剤でハゲて、心も体もクタクタになってる私達。
デビューは、心に壁を作ることなく安心してしたいね(*^^*)
2008年11月13日(Thu) 10:45
お返事ありがとうございました
編集
長く丁寧なお返事をありがとうございました。
このたびの皆様の趣旨を十分に理解いたしました。
活動応援しています。v-235v-306

2008年11月13日(Thu) 16:01
あれれ?
編集
絵文字が、変なのが入っちゃいました~。
ごめんなさい。
2008年11月13日(Thu) 16:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL