FC2ブログ

ひとやすみしましょ。

ふわっと。そして淡々と。
2018年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
      

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

通院日 〜イブランスとか難聴とか〜

夜中充電しても75%、使い始めるとあっという間に20%を切るマイタブレット。
最近のワタクシ、まさにそんな感じです(^◇^;)
やーねー。

血液検査(肝機能、糖尿的数値)は概ね良好。
ステロイド服用で糖尿が悪化しやしないかと食事内容を気にしていたおかげか、油系の数値は超優秀でした。うふふ。

当然ながら血液細胞は軒並み不足。
好中球も赤血球も足りないけど、イブランス3クール3週目は100mgでやりましょう!とセンセ。
は、はい!是非とも!!

休薬週を経ると白血球はギリギリ基準値内に戻るけど、赤血球は戻らず低値安定。
よって、季節の変わり目も手伝い、少し動きすぎると息切れやら疲労感でプチ廃人 _(:3」z)_
日常的にはいたって元気なので、動く機満々だし動けちゃう。
が、その後がいけません _(:3」z)_

意識して鉄分を摂ってみて!とセンセ。
早速カ◯ディーでプルーンを大人買いしましたよ。
この際、憧れの南部鉄器、買っちゃおうかな♪

***********************

ステロイド治療の効果なく、右耳に難聴が残ることとなりました。
自動改札のピッ!とか、体温計のピピッピピッ!は全く聞こえません。
右後ろから自転車に抜かれると、抜かれるまで気づかずその度にドキッとします。

突発性難聴は再発することはないそうなので、私の難聴はメニエール病?らしいです。
ストレスや疲れは大敵なので十分注意してね、と。

モッサちゃん、ニャンコーズ、出番ですよー!
ささ、おばさんを癒しておくれ〜╰(*´︶`*)╯

スポンサーサイト

突発性難聴 〜16日経過〜

右耳に違和感を感じてから16日経過。
聴力検査の結果、1週間前の聴力と変化なしでした。
耳鳴りはすこーし和らいでいるかな。

で。
ステロイドを使うなら、タイミング的に今が最後のチャンスで、入院しなくても飲み薬で対応できるとのこと。

これ以上の聴力は、自己暗示では無理(残念!敗北感満載)
今の聴力でも何とかなるけど、治るなら治したい。
ステロイドを使って糖尿病が悪化する可能性大だけど、近々内分泌科の診察があるので何かあったら先生にフォローしてもらいましょ。

ということで、ステロイド治療をすることにしました。
これで確実に治るわけではないけど、今が最後のタイミングなんて言われたら…ねぇ。

癌とか糖尿病とか難聴とか。
何が大変って、飲む薬が多くてその分水をたくさん飲むからトイレが近くて近くて(笑)

イブランス 〜3クールは100mgから〜

3クール目は100mgでスタートし、3週間服用の予定。
私のイブランススケジュールは、これで決まりかな。

マーカー値は順調に右肩下り。うふ。

突発性難聴その後

先週のこと。
紹介状を書いてもらい、向かったのは癌の治療をしているT病院。

検査の結果、右の聴力は全部がダメなわけではなく、高い音がダメで、ダメさレベルはなかなかのものだとか。
ステロイド治療をすればよくなる確率は上がるけど、糖尿病…うーん…と悩む先生。
ステロイド治療をするなら入院と言われたけど、入院断固拒否(笑)な為、ステロイド治療は選択肢から消えました。
先生もステロイド治療は、今のオッケーさんのカラダではあまり勧められないと仰ってたし。

そんな訳で、耳に栄養を与え、血行をよくし、浮腫を取るお薬を飲み様子を見ることになりました。
完治の確率はそれほど高くなく、聴力の一部を失う可能性が高いとか。

面と向かっての会話は問題なし。
右後ろから話しかけられると、あまり聞こえず面倒くさいので無視(笑)
真右からは、内容が聞き取れず二度聞き必須。
常にザーッという耳鳴りがしており、駅や街中だと音の遠近感がなくなり超不快(´Д` )

2年前に突発性難聴を患った時は完治し、完治までの期間は約1ヶ月。
今回も先生の予想を覆し完治する!と、今月いっぱい最大限の自己暗示をかける所存デス٩( 'ω' )و