FC2ブログ

ひとやすみしましょ。

ふわっと。そして淡々と。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
      

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

我が家に子猫がやってきた ~1時間編~

シルバーウィーク、皆様はどのようにお過ごしでしたか?
私は、何をしたのか思い出せないくらい極々普通の毎日でした。
ま、”普通”ってのが一番なんだよね(^^)

以前にちょこっと書いたんだけど、私は”モサモサちゃんとニャンコの同居!”という野望を抱いております。
がしかし、モサモサちゃんは大の猫嫌い。
散歩中に猫を見つけると”ガオー”となります(^^;)
時々例外的にサラッと無関心でいられることもあるんだけど、それも100回に1回程度。

そんなモサモサちゃん。
動物病院で保護されている生後1ヶ月の子猫っちとご対面した時、あれ?あれれれれ?もしかして大丈夫なんじゃないの?と思われる態度をおとりになりました(^^)v
積極的にフレンドリーだったわけじゃないんだけど、無関心でいられたの。

先生のご好意で、子猫っちのお試し保育が決定。
そのまま我が家へお連れすることになりました。

が、リビングにケージを置いたとたんモサモサちゃんが豹変して、出ました”ガオー”が。
それに驚き”シャーシャー”と反撃の子猫っち。
ケージ越しに険悪な空気が漂ってきたので、子猫っちは寝室、モサモサちゃんはリビングの強制家庭内別居。

ちょっとかわいそうだけどモサモサちゃんには1人で遊んでいてもらい(許せ!)、私は子猫っちと暫しのラブラブタイム♪
白黒の彼は、頭はドロンジョ様のような模様、口元はこそ泥風メイク、体は牛柄。
うーん、お世辞にもかわいいとは言えないかな・・・(笑)

初めての環境に動じることなく、家具の隙間に入ったり、掃除機の上で仁王立ちしたり、鏡に映る自分に戦いを挑んでみたりと、見ていて飽きることはありませんでした(^^)

1時間もすると、モサモサちゃんが痺れを切らして鳴き始めたので、これにて一時保育は終了~。
はぁ~もっと一緒にいたかった~。

数日後、彼にはステキな家族が見つかったそうです。
よかったよかった(*^^*)

モサモサちゃん、ニャンコとの同居は諦めませんことよ。
せめて”ガオー”はナシでお願いしますね。”ガオー”は。

このサブタイトルが取れる日が来ることを切に願う。

************

連休中、今までになくホトフラが激しかったです(><)
ホトフラになると決まってイライラ虫が騒ぎ始めます。
そしてイライラ虫を抑えきれない自分にまたイライラ。
疲れるよねぇ、こういうのって。

さて、気を取り直して衣類の整理でもしましょうかね

スポンサーサイト