FC2ブログ
2008年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008年04月28日(月)

明日から「フェアストン40」

本日、放射線とホルモン療法の説明を兼ねて、半年振りに小人ちゃん先生の診察を受けてきました。
久しぶりに会う先生は、相変わらず和み系でした。

放射線は、このクリニックから10分くらい離れてる総合病院で行います。
GW明けの5/7に予約を入れてもらいました。

ホルモン療法は、早速明日の朝から「フェアストン40」というお薬を飲み始めます。
5年後の4/29まで。
注射(LH-RHアゴニスト製剤)は放射線が終わってからしましょう、と。

今、ネットで調べてわかったんだけど、「フェアストン40」って閉経後に使用する抗エストロゲン剤。
私の場合、化学療法中(タキソテール時)に生理は止まってます。
これって「閉経後」って事になるのかな?
化学療法が終わって生理が再開する可能性もあるって言われてるし、始まったらお薬が変わるのかな?
後々注射(LH-RHアゴニスト製剤)をするってことは、閉経前の扱いってことだよね?
注射で「閉経」状態を作るからやっぱり「閉経後」って事なのかな?

あー、事前にもっと勉強していけばよかった。反省。
来月の診察の時にはちゃんと聞かねば。


※※※※※※※※※※※※

この記事を読んで下さった方から、飲み始める前に確認したほうがいいよ~と、連絡を頂き、早速確認してみました。
ありがとうございました!

で、先生曰く
「フェアストンの説明書等には、閉経後に効果があるとされているが、学会の認識としては、閉経前、後のどちらでも効果はあるとしている。」

ネットで調べると、両方の見解があるようです。
化学療法もホルモン療法も日進月歩。
少し前は閉経後にしか効果がないというのが、一般的な認識だったのかな。

ともあれ、効果あり!ということが確認できたので、私のホルモン療法は明日から始まります。

スポンサーサイト



15:15  |  ホルモン療法  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008年04月28日(月)

まごのて

乾燥肌になってから、時々、無性に体のどこかが痒くなることがあります。
手が届くところならいいんだけど、『背中』が痒くなると大変。
背中の中央部分って、手が届くには届くんだけど納得がいくまでかけない。

そこでひらめきましたよ。
『まごのて』があれば問題解決!!

と言うことで、『まごのて』を買いに行きました。

14:12  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |