若いから(照)
38歳で乳癌罹患。
あれから今まで何回言われたことか。「若いから」って。
若いからねぇ…。
まだまだ若いからさ。
言われる度、なんかお尻がむず痒くなるオッケーです。
未だ慣れず…(^◇^;)

ゾラデックス36週製剤(1月投与)と、アロマシン(2月中旬まで服用)。
これらの効果が切れる頃、ワタクシ、生理復活(女性ホルモン正常化)率がとても高いんだそうです。
若いから(笑)
※現在47歳3ヶ月ちょいですけど、なにか ( ̄ー ̄)

生理復活の兆しはないのですが、女性ホルモン正常化!?と思しきカラダの変化がチラホラと。
・未だ小細工が必要な頭髪ですが、ホヨホヨの赤ちゃん毛が発毛。まーまーいっぱいo(^▽^)o
・メンタル安定。(イライラすることが減ったの〜♪)

転移がわかり2回目のホルモン療法がスタートした時、生理用品はすべて廃棄してしまいました。
2度とならないと思ったから。
こんなことなら少しくらい残しておけばよかったわ。

念の為ナプキン位は買っておこーっと。

スポンサーサイト
【 2016/04/30 06:42 】

| ホルモン療法 | コメント(2) | トラックバック(0) |
覚書 〜フェアストン〜
フェアストンを飲み始めて数日経過。
初発治療時は40mgだったのですが、今回は3倍の120mg。

副作用、きっついわー。

息苦しさと倦怠感でヨレヨレ〜。
メンタルも下降気味〜。

漢方(加味逍遙散)を再開してみたけど…。
治ってくれるかな。
【 2015/10/28 18:12 】

| ホルモン療法 | コメント(0) | トラックバック(0) |
漢方効果
WOWOWを観る方法がわからなくてオットを起こしてテレビの操作をしてもらったオッケーです。
どんだけ機械オンチなんだか^^;
オット、すまん。

******************************

乳がん治療における更年期障害への対処法(参考サイト)

◆加味逍遥散◆
不眠・不安・冷え・のぼせうつ頭痛肩こりめまい発汗
赤字は強く感じている症状で、大文字にした発汗に至ってはもっともっと文字を大きくしたいくらいw
夜中に何度も目が覚めるんだけど、それも不眠っていうのかな?
だとしたら「冷え」以外は全て当てはまっちゃう。

飲み始めて数日で↑の症状が緩和されていることに気づきました。
・のぼせと発汗がかなり軽減。(これは気温が下がってきていることも大きく影響していると思います)
・めまいもかなり軽減。
・頭痛と肩こりは多少はありますが、薬を飲むほどではないかな。
・不安・うつ(私うつなのか?)のココロの健康状態はまずまずです。(これは非常にありがたい!)

これならホルモン療法、続けられそうです。ホッε-(´∀`; ).

なのですが、ちょっとした副作用が。
飲み始めた翌日から、腸の様子が変?なのですよ。
毎朝朝食後の出産がスタンダードだったのですが、朝起きてすぐの出産に変更。
壊れているとかではなく、超快便!
これはいいの。大歓迎✩

が、なぜかガスが溜まる溜まる^^;
溜まったガスは排出せねばならないわけで。
立ったり座ったりしゃがんだりが多い職場。
その一連の動作により何度暴発しそうになったことかw
もーある意味苦行です^^;

プープーは余計ですが、OQLは確実に上がっています。

秘コメSさん、アココちゃん、子豚ちゃん、アドバイスありがと。
おかげで楽に走れる道が見つかりそうです。
【 2014/09/09 06:52 】

| ホルモン療法 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ホルモン療法を考える
1回目の洗濯(AM8:00)で干したストールが、2回目の洗濯(AM9:00)の諸々を干す時にはすっかり乾いておりました。
どんだけ強いんだ真夏の太陽
今日はお休みにつき、後2回位洗濯する予定也~。

****************************

そんな休息日、麦茶飲みつつホルモン療法継続か否かを考える。

始めた途端にマーカー値がグングン下がっているのを見る限り、私にとってホルモン療法は絶大な効果をもたらす治療なのでしょう。
がしかし、マーカー値に比例してQOLは下降気味な今日この頃。
痛みが軽減され身体的には上がっているのよ、QOL。
が、いかんせんメンタルがダメ。
ほんとダメ。
病気に対しても、生きていくことに対しても、踏ん張りが効かなくなるの。

こんな弱弱のメンタルのおかげで、普段は何ともない事ですらストレスを感じてしまう。
こんなんでイイわけないよねぇ。
ちっとも楽しくない。
ご機嫌最悪。

抗がん剤。
できたら髪が抜けない抗がん剤。
もっと欲を言ったら、極力副作用の出ない抗がん剤。
いや、抗がん剤に限らずココロの健康を保てる治療法はないものか。

抗がん剤治療中、確かにしんどいことは多かったけど、メンタルは上々だった6年半前。
なのにホルモン療法を始めると、じわじわと下がり始めるメンタル。

前回期限付きだったそれとは違い、今回は無期限。
前回完遂できたのは、期限があったから。
ゴールがあったから。
ゴールのない今、ずっと走り続けなければならない今、少しでも楽に走れる方法を切望。

落ちて時に廃人のようになる日を交えぼちぼち歩くも人生。
痛いだの痒いだの辛いだの言いつつココロの元気を保って歩くも人生。

治験参加中につき、その期間は打って飲んでを続けるけれど。
その後の治療についてはセンセに相談したいなぁ。
うん、相談したい。相談ね。

かつてホルモン療法の副作用のしんどさを何とかしてけろ~とSOSを出すこと数回。
私に関わってくれるセンセ方、ホルモン療法のしんどさを訴えても、いまひとつ響いていないような感じなのです。
「ほてり辛いねぇ。汗がとまらないのも辛いよね。気分が滅入ったら何か気分転換を。」みたいな感じ。
そりゃーそうなんでしょうけれども、気分転換したくても、どっこらしょと立ち上がる気力すらなくなっちゃうんだってば。

3人目のセンセとなるDr.Kはいかに!?
【 2014/08/20 10:45 】

| ホルモン療法 | コメント(2) | トラックバック(0) |
おしまい
本日フェアストンの最後の一粒をゴックン。
これにて乳がんの治療は全て終了。

飲み終わった瞬間、ヤッホ~♪と万歳しちゃうのか?とか、
もしかして泣いちゃう?とかいろいろ想像しましたが、
ものすごーくあっけなく飲み終わり、
極々普通の日曜日の朝を過ごしました。
ま、そんなもんよねー。

無治療の不安は無いわけではないけれど、何かあったらそん時はそん時。
私には頼りになるドクターが2人もいることだし。

この5年間(いや6年か?)、私を支えてくれた全ての人に感謝。
本当にありがとう。

特別にオットには一言。
こんな面倒くさい私を見捨てずに側にいてくれてありがとう。
ありがとうなんて一言では片付けられないくらい感謝しています。
本当に本当にありがとう。


【 2013/02/17 17:54 】

| ホルモン療法 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ