ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ワンコとニャンコ
CATEGORY ≫ ワンコとニャンコ
       次ページ ≫

ハッピー バースデー

今日は、愛してやまない可愛い可愛いモサモサちゃんのお誕生日。
見た目は若いけど、耳や目の衰えは否めず…。
更にあちこちに慢性的な疾患を抱えており、毎日頑張ってお薬を飲んでいます。
が、食欲は恐竜並だし、散歩は倒れるまでしそうな勢い。

最近彼女についたあだ名は「ルン婆」。
パンくず落とせば何処からともなく現れ、あっという間に回収。
キッチンでは私の足元に張り付き、野菜クズや米粒を回収。

今日はササミの回収をお願いしちゃおうかな♪( ´▽`)

201605170848030a1.jpeg
お誕生日おめでとう☆

スポンサーサイト

お散歩

「モサモサちゃんの行きたいことろへどーぞ^^」と歩き始めた午前10時。
「こっちこっち♪」と連れて行かれたのは近所の大きな公園。
気持ち良いお天気の中、老犬とゆっくり歩く。

「モッサちゃん♪」と呼ぶと「なーに?」と笑顔で振り向く。
「モッサちゃん、モッサちゃん、モッサちゃーん♪」とやりすぎると・・・無視^0^;

腰の不具合を忘れ、うっかり2時間近くおデート♡
おかげで煮詰まって焦げ付いた思考が、ホワホワとほぐれていきました。

ほぐれた結果のキモチ。



モサモサちゃん、公園に連れてってくれてありがとね。



暑中お見舞い

20110726 (1)
暑中お見舞い申し上げますニャ 


ワンコとニャンコ | Comments(-) | Trackbacks(-)

いつも一緒

猛暑疲れなのか、せっかく涼しくなったのにヘロヘロでヨレヨレでグニャングニャンのワタクシ。
無気力過ぎて顔を洗うのも面倒だったよ。(どんだけ~)
何もしてないのになんだか疲れたぞ~。
ふぃ~。。。

ま、そろそろ復活できそうなのでご心配なく(^^)

******************

051.jpg
若かりし頃のバディーと私。

バディーの毛入り肉球ストラップ。
何度もエ●ールで洗ってから作ったんだけど、魅惑的な香りがするのか猫チーム大興奮!

食われないようにガードするのが大変です。


ワンコとニャンコ | Comments(-) | Trackbacks(-)

ひまわり

バディー、ちょっと調子悪いのよ・・・じゃ、私しばらくそっちにいるよ。
こんな会話の後、私が実家に行ってバディーの介護を手伝って、皆に見守られながら送り出すんだと思ってました。
母は、歩けなくなった時の為に、台車を用意していました。

だけど実際は、母がちょっと出かけてる間に一人で逝ってしまいました。
今までになく息が荒く、帰ってきたら動物病院の先生に往診してもらおうと思ってた矢先の出来事。
母も私もそうだけど、なによりバディー自身が死んでしまったことに驚いているんじゃないかな?

ボケもせず、介護もさせてくれず、ひとつも私達の手を煩わせることなく逝っちゃった。
ねぇバディー、ちょっとくらいお世話させてくれたらよかったのに。

*****************

ちゃんと顔を見てお別れが出来たせいか、時々悲しくなることはありますが、思ったより大丈夫みたいです。
15歳、人間の年齢に置き換えると軽く100歳は超えてるらしいです。
そこまで元気に生きて、最後は誰の手も煩わせず、本犬も苦しむことなく寝てる間に逝けたんだから、これはとっても幸せな事なのかな・・・と思います。

一昨日は、いつもだったら午前中はスッピン+部屋着で家事をしてるのですが、前日にとーちゃんに壊された携帯の充電器を買う為、化粧をし着替えて出かけていました。
携帯の充電器を買い、ついでに夕飯の買い物を済ませ、家に戻って昼食の準備をしてた時に訃報を知りました。

レンジでチンしたチャーハンをそのままに、suikaと財布をバックに入れ、電話を切ってから1分で家を出ました。

「バディー、3時頃までに引き取られちゃうから、今から来ても間に合わないかも」と言う母。
でもね、私は確信してました。
バディーは待っていてくれるって。
すぐに出かけられる準備が出来ていたのも、あの日の電車の乗り継ぎが奇跡のようにスムーズだったのも、全てバディーの計らいだと思ってます。

おかげでゆっくりお別れができました。

今の時期、母の畑にはこの夏最後のひまわりが咲いています。
咲いている全部のひまわりを持たせました。
バディーにはひまわりがよく似合います。

**************

バディーが最後に食べ残したジャーキーをもらって帰ってきました。
それを我が家の犬猫に食べさせていた時、ふと空を見ると、雲の間からバディーの大きな鼻が見えました。
「それ美味しいんだよ~。みんなで食べてね」って。

バディー、ごちそうさま。
今度は私が美味しいジャーキーをごちそうするね。



ワンコとニャンコ | Comments(-) | Trackbacks(-)