ひとやすみしましょ。

生きていたら、いや、生きているからこそ、いろんなことがあるんだよね。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

カレー

10年前の今日のお昼ご飯はカレーでした。
入院して、パジャマに着替え、少ししたら運ばれてきたカレー。

そして。
今日の夕飯はカレーです。
只今オットが仕込み中。
丁寧に作るそれは、私のより数段美味しいのです。

***********************

あの時願った10年後とは少し違うけど、叶ったことの方が多いよ。
書き出したらキリがないので割愛w
ま、シアワセってことです(^O^)

そのシアワセを維持する為、痛み止めが欠かせなくなっちゃいました。
未服用記録1ヶ月半でストップ。
ありがたいことに腸骨は無問題。
現在悩まされているのは、胸骨・肋骨・背中。
つまり上半身の骨。
痛み止めをMAXで服用するようしたらだいぶラクになりました。

すごいぞ、ナイキサン錠☆

***********************

通院覚書(8/4)

糖尿病的数値オール基準値→治療継続
毎度のことながらマーカー値高値安定→ヒスロンH継続
そろそろCTね、と。
スポンサーサイト

蕁麻疹

なかなか蕁麻疹が治りきらないオッケーです、おはようございます。
きっかけは後発薬品。
服用数日後、気持ち悪いくらいの蕁麻疹が出現。
先発薬品に変更後数日で頻度&程度はかなり改善。

が、改善途中、職場で苦手な殿方(不潔なんだもん)の席でPC操作をせねばならぬことになり…。
仕事ですからね、やりましたよ(-。-;)
着席から数分後、腿裏に痒み。
あー出た出た。

ちょっと疲れてるなぁ。
出そうだなぁ。
ほら、出た出た。

と、エブリデー蕁麻疹。
薬の影響は消えてると思うんだけど…。
蕁麻疹出過ぎでうんざり( ´△`)

ついでに。
起立性貧血っていうの?立ち上がるときにクラッとするアレ。
アレが頻発していてちょっと面倒。

そして。
もともと弱かった手の爪が、更に弱く(薄く)なり、そんな薄いのになんで?な二枚爪に。
二枚爪の上が剥がれると、今度は縦割れが発生し、爪としての機能はゼロ。
ニンニクの薄皮は剥けなしい、髪を乾かせば割れた部分にひっかかるし、ペットボトルのラベルを剥がすこともできないの。
あぁ…不自由。

ちなみに。
骨はちょっとだけ、肺は全然、な自覚症状。
(痛み止め未服用記録更新中☆)
大人しくしててくれてるようで何より。

通院日 〜いろいろ良好〜

気が付いたら7月になっていて狐につままれた気分のオッケーです、おはようございます。
6月、何してたんだろか。

**********************

季節的な不具合は諸々あれど、体調的にはまずまず。
この1ヶ月は痛み止めを飲んでいないこと。
ヒスロンH、副作用的なものはほとんど感じていないこと。
よって日々機嫌よく過ごせていること。
を、ご報告^ ^

そんな報告の後、センセに言われた一言。
「オッケーさん、マーカー値は派手だけど調子良さそうで何より^ ^ 」
派手って…(笑)

ヒスロンHを服用して1ヶ月。
噂通り食欲が増す増す(^◇^;)
おかげで1キロ増量。

内分泌科のセンセに叱られる覚悟で臨んだ診察では、まさかの糖尿病的数値の劇的改善。
増量したのに?
食べたいもの食べてたのに?(コラ!)
ヘモグロビンa1cも血糖値も基準値まであと一歩。いや、あと半歩。

そんな七夕の通院日🎋

【覚書】
・デノタスチュアブル、一旦お休み
・ランマーク、隔月

週末いろいろ

週末、実家に行ってきました。
この仔に会いに(*^^*)

シロです
ヨロシクニャ (=^x^=)

**********************

そして、またまた週末のこと。
モサモサちゃんのお散歩ルートに小高い丘があり、その丘を小走りで駆け上がろうとしたら…。

ブチッ。

右ふくらはぎから変な音が聞こえ、同時に痛み。
モサモサちゃんのリードをオットに渡し、恐る恐る歩いてみると…痛い。非常に痛い。

ネットで調べると、肉離れの症状にどんぴしゃ。
ちゃんと治さないとこじらせちゃうよ!とオットに言われ、本日朝一で整形外科へ。
予想通り肉離れで、できたら今日は安静にしてた方がいいわね、と。
犬の散歩はしばらく控えてね、と。(注意しつつ行くけどねw)
ロキソニンテープを貼り、ただいま安静実行中。

耳の次は足…。
何だか最近安静続きのオッケーなのでした〜(^-^;


糖尿のこと

2017年2月
アファニトールの服用を開始する為、血液検査にヘモグロビンa1cが追加されました。
※副作用に糖代謝異常がある為、現段階のヘモグロビンa1cの値を確認したんだと思います。

結果は上限ギリギリ。
ヘモグロビンa1cが何たるかわかっていなかったせいもあり、あまり気にせずスタート。
(乳外のセンセは気にしていました)

その後、アファニトールの服用期間に比例し、上がるヘモグロビンa1c。
ちょっとこれは…な数値になり、内分泌科を受診する事になり、まずは食事療法をって事になり、1ヶ月やってみたけど効果どころか更に悪化となり、アファニトールは中止となり、糖尿病に対する投薬治療開始となり、今に至ります。

アファニトール服用直後から面白いように体重が減り始めました。
口内炎で食事が思うように取れておらず、そのせいだとばかり思ってました。
口内炎は辛いけど、体重がスルスル減っていくことが嬉しくて、アファニトールに感謝みたいなw

でもこれは糖尿病の症状だったようです。
体重減少のこの症状は危険信号なんですって。
ある記事には、半年で5%以上減少したら生死に関わること!と書いてありました。
ちなみに私の減り方は、3ヶ月で10%。
危険な状態ということになるようですが、そもそも、蓄えがアレなので10%減った所で、人様より蓄えはたっぷりなのですよw
内分泌科のセンセも、この体重減少に対して何も言わなかったし。
むしろ、もっと体重を減らせとの指令を受けてるし。

今は薬を飲み始めたこともあり、体重減少はピタッと止まりました。チッ。

先日から始まったヒスロンHは、「体重増加間違いなし!だってご飯が美味しいんだもーん」な薬との事。
これはまずい( ̄▽ ̄;)

ヒスロンHの誘惑に打ち勝ちなんとか体重を落とすべく、食事療法を頑張らねば。
食べ過ぎ厳禁なのに、食欲増進の薬。

が、がんばる٩( ᐛ )و